ウォーキングの効果

・ストレス解消に役立つ

適度な運動はストレス解消に役立ちます。血液の循環がよくなることで、脳が刺激され自律神経のバランスが良くなると言われています。

・脳の活性化

脳に酸素を取り込まれ、脳の働きを活発にすることが出来ると言われています。

・心肺機能が高まる

心拍数が増えることで体内に酸素を取り込む力が増加し、心臓や肺の機能を高めることが出来ると言われています。

・骨が強くなる

骨に刺激を与えることになり、その結果骨を強化するという効果があります。
歩くことによって重力という付加がかかると同時に、骨にカルシウムが吸収されて丈夫になると言われています。

・筋力の低下を防ぐ

筋肉に刺激を与えることで、足腰の筋力が付きます。高齢者の方は特に足腰の筋力低下を防ぐことが出来ると言われています。

・血行が良くなる

ウォーキングによって血管が刺激され血行が良くなることで身体中の血液の流れが良くなって、毛細血管も発達すると言われています。

・持久力が高まる

ウォーキングによって持久力が高まることで、日常でも疲れにくい身体をつくることが出来ると言われています。

・肥満の予防

ウォーキングは脂肪をエネルギーとして使用するため、脂肪を燃焼させることができ、肥満の予防効果があると言われています。

・生活習慣病の予防

運動を継続すると血液の循環がよくなることで、HDL(善玉)コレステロールが増え動脈硬化などが予防されると言われています。

スポンサードリンク

全国のウォーキングマップ

  1. ウォーキングの歩き方 ~脚やせ編~ ②

    2019.04.24

  2. ウォーキングの歩き方 ~脚やせ編~ ①

    2019.04.14

  3. ウォーキングの歩き方 ~脚やせ編~ タイプ別テスト

    2019.03.27

  4. ウォーキングは朝?夜?いつやるのが効果的なの?

    2019.03.25